亜熱帯植物でリゾート感覚を満喫する家| 株式会社 横山彰人建築設計事務所 設計コンセプト


HOME > 中庭のある家 web catalogue > 亜熱帯植物でリゾート感覚を満喫する家

亜熱帯植物でリゾート感覚を満喫する家

写真:中庭のある家の風景

インナーコートにジャカランダを配置し、都会の狭小地とは思えない豊かな空間に。

写真:中庭のある家の風景

N邸の敷地は南西角地の20坪ほどの狭小地で、2方向からの道路斜線と北側斜線、3方向からの斜線制限がかかる厳しい条件でした。この難条件をクリアするために、光と風を効果的に採り込める中庭プランを提案。何案かの中からNさんが選んだのが、インナーコート(屋内の中庭)のあるプランでした。インナーコートは、中庭と暮らしの距離が近く、中庭と一体になって暮らせるのが大きな魅力です。
Nさんのご要望は、限られた空間でも豊かに暮らすことができ、家族の絆が自然と深まるような家。完成した家は、3階まで吹き抜けた中庭を核に、それを囲むように各居室を配置しました。亜熱帯植物ジャカランダが南国情緒を醸し出し、都会にいることをふと忘れてしまう、そんな豊かで潤いのある空間が誕生しています。

「満月の夜など、白壁と緑の葉が月あかりと間接照明に照らされ、とても神秘的です」

暮らしの中心は日当りのよい2階です。リビングではなくキッチンやダイニングを中心に暮らしたいとのご要望から、アイランドキッチンにダイニングテーブルをつなげたスタイルを提案しました。家族の食事や団らんはもちろん、来客時も、子供たちの勉強も、すべてダイニング・キッチンまわりで行えるようイメージしました。2階は天井吹き抜けの伸びやかな空間で、3階のプレイルームとは立体的につながっています。
「どこにいても家族の気配が感じられるのがいいですね。一番のお気に入りは中庭です。満月の夜など、白壁と緑の葉が月あかりと間接照明に照らされ、とても神秘的なんです」とNさん。「朝起きると緑の香りがするのもいいですね。まるでリゾートにいるような気分が楽しめます。家族みんな、家で過ごす時間が前よりも長くなりました」

写真:中庭のある家の風景

Data

◎家族構成:夫婦+子供2人 ◎敷地面積:67.79㎡ ◎述床面積:79.15㎡(1階 32.94㎡/2階 46.21㎡) ◎構造:木造3階建て ◎中庭のタイプ:屋内(インナーコート)
図面:1階図面:2階図面:3階

3階まで吹き抜けた南向きの中庭に面して、1階の主寝室、2階のリビング・ダイニングや子供室等の居室を配置したプランです。中庭の光や風、緑の心地よさが、家中で享受できるようになっています。キッチンはダイニングテーブルと一体化したアイランド型とし、床をリビングより低くするなど使い勝手を追求。収納は各居室に設けた上、1階の主寝室の床を90センチ下げることで、その天井裏に高さを抑えた大きな収納を確保しています。

12